還暦祝いのご祝儀、相場はどうなっている!?還暦祝いの予算相場は一体いくらぐらい!?

還暦祝いをしてあげたいけど、還暦祝いの一般的な予算ってどれくらいかわからないという方が多いと思います。実際に初めて還暦祝いを贈る方は、相手に失礼にならないかすごく不安になってしまいますよね。

 

還暦祝いも贈る側の気持ちが1番大切だと言われていますが、はやり予算と言うものは気になるものです・・・・・。

 

金額は、その人との関係や立場によって違いが見られます。お金でご祝儀として贈る場合と、金額相当のプレゼントで贈る場合とあります。
どちらにするかは、その家の事情やその人との関係、環境により違いがあります。

 

両親に贈る場合 3万〜5万円
祖父母・親族に贈る場合  1万〜3万円

お世話になった方、
先輩の場合

 5千〜1万円

 

平均的な相場は、上記の表のようになっています。ここからは細かく紹介していきます。

【渡す相手別】還暦祝いのプレゼント相場

 

還暦祝いの予算は、すべて一緒ということではありません。
相手によって、金額が多くなったり少なくなったりします。
なので、還暦祝いを贈って失敗してしまわないように、しっかりと覚えておきましょう!
では、お金を包む場合の相場を紹介していきます。

 

両親の場合

 

自分の両親の場合は、1万円〜10万円が相場みたいです。
かなり金額に差がありますよね。
この金額の差はなにか調べてみましたら、「気持ち」ということがわかりました。
もし、金銭的に困っているようだったら1万円〜2万円程度で、金銭的に余裕があるようだったら5万円〜10万円くらいの予算をたてるそうです。
私の場合は、間を取って5万円くらいにします。

 

祖父母の場合

 

 

祖父母の場合は、1万円〜3万円が相場になっています。
1番最初に還暦祝いを贈るのが、祖父母という方が多いです。

 

親戚の場合

 

 

親戚の場合は、5千円〜2万円が相場です。
やはり、身内がどんどん遠くなるにつれて金額も少なくなってきますね。
親戚の場合はほとんど贈ったことがないのですが・・・・・。
「少しの気持ちです」程度の物でも良いようです。

 

その他の場合

 

会社の上司や、ご近所さんなどなど身内ではない方の還暦祝いをする場合は、5千円〜1万円が相場になっています。
身内以外で、還暦祝いをするというのはあまりないと思うのですが、上司が還暦になった場合会社で贈ることがあるので、その時に周りと金額を相談するといいかもしれません。

 

 

この結果の通り、自分の1番身近な両親が1番予算が多く、身内から遠ざかるほど予算が少なることがわかりました。60歳になり、相手の新しいこれからの第二の人生を祝う還暦祝い。お世話になっている方には、誠意をもってお祝いしてあげたいものですね。

 

還暦祝いにおすすめのプレゼント&ショップまとめはこちら

ご祝儀としてお金で渡す際に気を付けたいマナーと注意事項はこれ!

 

 

お金でお渡しする場合は、紅白ののし袋を利用します。「還暦祝い」としてお渡しします。現金以外に、ギフト券でも良いですね。郵送で贈る場合は、必ず現金封筒を利用します。ギフト券の場合は、書き留付き郵便で大丈夫です。
振込も良いですが、できれば、ご祝儀として形を整えたいですね。

 

還暦祝い相場よりも大切なこと・注意事項

 

還暦祝いの相場を気にすることも大切ですが、気をつけなければいけないこともあります。

 

夫の両親・妻の両親に贈る場合

夫や妻の両親と自分の両親と差をつけないように気配りすることも大切なことです。

 

すでに還暦祝いを頂いた人が、親族・後輩に贈る場合

相手から頂いた同等の金額を設定します。
これは、冠婚葬祭のマナーでもあり、相手に要らぬ心配や不快感を与えないためです。

 

目上の人への現金を贈ることはマナー違反

 

自分の両親に現金を贈ることは、あまり気づかいをしなくて良いかもしれませんが、親族や、お世話になった人で、目上になる人に現金を贈ることはマナー違反となります。

 

相手に失礼のないように、相場相当のプレゼントを贈るようにしましょう。ギフト券であれば、商品となるのでマナー違反にはなりません。

 

両親に贈る場合は、兄弟で相談すること

 

自分の兄弟に、相談することなく勝手な振る舞いは、両親にも兄弟にも不快感を与えかねません。
お金の問題も、兄弟で話し合い決めるようにしましょう。
プレゼントやお祝い金額は、兄弟で平等に負担することが基本ですが、
家の事情や家訓がある場合は、話し合うことが前提です。