還暦祝いの予算相場は一体いくらぐらい!?

還暦祝いをしてあげたいけど、還暦祝いの一般的な予算ってどれくらいかわからないという方が多いと思います。

 

実際に初めて還暦祝いを贈る方は、相手に失礼にならないかすごく不安になってしまいますよね。

 

還暦祝いも贈る側の気持ちが1番大切だと言われていますが、はやり予算と言うものは気になるものです・・・・・。

 

今回は、還暦祝いの相場を書いて行きたいと思います。

 

【渡す相手別】還暦祝いのプレゼント相場

 

還暦祝いの予算は、すべて一緒ということではありません。
相手によって、金額が多くなったり少なくなったりします。
なので、還暦祝いを贈って失敗してしまわないように、しっかりと覚えておきましょう!
では、お金を包む場合の相場を紹介していきます。

 

両親の場合

 

自分の両親の場合は、1万円〜10万円が相場みたいです。
かなり金額に差がありますよね。
この金額の差はなにか調べてみましたら、「気持ち」ということがわかりました。
もし、金銭的に困っているようだったら1万円〜2万円程度で、金銭的に余裕があるようだったら5万円〜10万円くらいの予算をたてるそうです。
私の場合は、間を取って5万円くらいにします。

 

祖父母の場合

 

 

祖父母の場合は、1万円〜3万円が相場になっています。
1番最初に還暦祝いを贈るのが、祖父母という方が多いです。

 

 

親戚の場合

 

 

親戚の場合は、5千円〜2万円が相場です。
やはり、身内がどんどん遠くなるにつれて金額も少なくなってきますね。
親戚の場合はほとんど贈ったことがないのですが・・・・・。
「少しの気持ちです」程度の物でも良いようです。

 

その他の場合

 

会社の上司や、ご近所さんなどなど身内ではない方の還暦祝いをする場合は、5千円〜1万円が相場になっています。
身内以外で、還暦祝いをするというのはあまりないと思うのですが、上司が還暦になった場合会社で贈ることがあるので、その時に周りと金額を相談するといいかもしれません。

 

まとめ

 

あくまで相場なので、もし誰かと一緒に還暦祝いを贈る場合は、相手と金額を合せるのもいいかもしれません。
あとは、お金を贈る以外にも、食事に連れて行ったりプレゼントを贈るという手もあります。

 

改まってお金を渡すのは恥ずかしいと思っている方も多いので、そんなときは食事にでも連れて行ってあげたらいかがでしょうか?
食事の際の相場などは特に決まっていないようです。
上記の相場を食事に行く場合や、プレゼントする際の予算の「およそ」とお考えください。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • 両親・・・・・1万円〜10万円
  • 祖父母・・・・・1万円〜3万円
  • 親戚・・・・・5千円〜2万円
  • その他・・・・・5千円〜1万円

 

が、還暦祝いの予算の相場ということがわかりました。

 

この結果の通り、自分の1番身近な両親が1番予算が多く、身内から遠ざかるほど予算が少なることがわかりました。

 

60歳になり、相手の新しいこれからの第二の人生を祝う還暦祝い。お世話になっている方には、誠意をもってお祝いしてあげたいものですね。

 

還暦祝いにおすすめのプレゼント&ショップまとめはこちら