還暦祝いのトラブル・・兄弟編

 

 

還暦祝いは、できるだけトラブル無く行いたいですよね。
なので、今回は還暦祝いをするときに起こってしまう兄弟間でのトラブルについて書いて行きたいと思います。
兄弟で還暦祝いを贈るときの注意点や、いろいろな違う視点からのトラブルについて書いて行きます。

 

兄弟で合わせて贈らなきゃダメ??

 

還暦祝いで1番のトラブルと言えば「予算」問題です。
両親への還暦祝いの場合、3万円〜5万円くらいが多いとされていますが、旅行など高価なプレゼントを贈ったときはかなりの出費となります。

 

10万円を超えることもあり、1人ではなかなか大変なこともあります。
そんなときに兄弟みんなで還暦祝いを贈り、1人1人の出費を少なくするという手もあります。

 

 

還暦を迎える両親に喜んでもらうのはもちろんなのですが、贈る側も負担が大きくなりすぎないように注意しなければいけません・・・・・。
あとあと、トラブルが無いようにプレゼントの予算はしっかりと、兄弟間でも話合う必要があります。

 

 

多くの場合、兄弟間で良く話合ってみんなで贈るというケースがありますが、中には兄弟であっても、なかなか足並みが揃わないというケースもあります。
足並みが揃わない場合は、兄弟で合わせてプレゼントするのは諦めて、個別にプレゼントをするということになります。

 

 

「絶対に兄弟みんなで合わせてお祝いをする」という決まりはないので、無理に合わせる必要はありません。

 

 

兄弟でしっかり話し合ってから決めよう!

 

両親になにを贈ったら喜んでくれるだろうか・・・・・すごく悩みどころですよね?
兄弟間でもトラブルが多いのが「勝手に贈りものを決める」というケースです。

 

 

「腕時計を贈るから1人5万円回収します」など、兄弟で話し合わず、勝手に贈り物を決めてお金を回収・・・・・このようなケースが意外と多いみたいです。

 

 

いくら兄弟だからと言って、全員が全員同じ境遇ではありません。
別の家庭を持っている場合、家庭的に苦しいというケースもあります。

 

 

盛大に還暦祝いをしてあげたいという気持ちはわかるのですが、何を贈るのか、予算はどうするのかを兄弟であってもしっかりと話合いましょう。
1人で突っ走ってはいけません。

 

長男だから予算を高く支払う??

 

中には、「長男だから予算を多く出さなくてはならない」と責任感の強い方もいます。
長男の嫁の立場から言うと「なんでうちだけ?」ってなりますよね。
ですが、還暦祝いで長男は費用を多く出さなくてはいけないという決まりはありません。

 

みんな平等でいいのです。
なので、長男だから長女だからというのは無いのです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?
今回は、
・兄弟間で必ず一緒にお祝いを贈るという決まりはない
・兄弟間であってもしっかりとプレゼントするものや予算は話合うこと
・長男・長女だからと言って予算を高く支払う必要はないこと
を書きました。
お金が絡んでくることはトラブルが起こりやすいです。
兄弟であってもしっかりと納得行くまで話合いをし、気持ちいい還暦祝いにしましょう。